2012年03月30日

山口もえ 子育てママで出直し


<近所のマックがお気に入り>

 母は強し、か――。タレントの山口もえ(34)が22日、不動産会社「タカラレーベン」の新キャラクター発表会に登場。記者からシングルマザーの生活ぶりを聞かれると、「私ひとりで頑張れる。以前より頼もしくなって男化してる」と胸を張った。
 昨年来、天然キャラのイメージはボロボロだ。実業家の元夫(37)は昨年6月、無許可でキャバクラを営業したとして風営法違反の容疑で逮捕された(その後は略式起訴で罰金50万円)。それを機に同8月離婚。タレント活動も休業状態だった。
 ところが、ここにきてトーク番組やイベントに出まくっている。
「長女(4)と長男(1)を引き取り、シングルマザーとして奮闘している。事務所は全面バックアップし、バツイチのママタレとして再出発させる考えです」(芸能関係者)
 この日も、「コロッケをおすそ分けしてもらった」と近所付き合いがうまくいっていることをアピールし、ママ業にも余念がない。
 子どもが同じ幼稚園に通う保護者が言う。
「もえさん本人が小さな男の子を抱えながら、幼稚園のお迎えに来る姿をよく見かけます。運動会の親子リレーに出たり、行事にも積極的に参加していますよ」
 別の保護者も、「気さくな方で、自宅近所のマクドナルドでサインをねだられた時も気軽に応じていました。取り巻きのママ友の方がピリピリしていたほど(笑い)」と、評判も上々だ。
 東京23区内にある同園は、歌手の久保田利伸や元F1レーサー高木虎之介の子供も通うセレブな幼稚園。“越境児童”もいて、お受験に積極的な親も多い。
「もえは子供を豊洲のキッザニアで遊ばせ、教育にも熱心。実家は元浅草の大手仏壇店で、自身も中学から成城学園に通っていたお嬢サマです」(事情通)
 教育ママに活路?

(日刊ゲンダイ2012年3月23日掲載)

引用:山口もえ 子育てママで出直し





posted by bob at 18:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太陽光発電で、EV・PHVのパーク&ライド実験...埼玉県とホンダ


ホンダ製のEVとPHVを使った実証実験が28日、埼玉県熊谷市新堀の駐車場で始まった。この実験は、自宅からマイカーを使い、駅前などに駐車して公共交通を利用するパーク&ライドを想定し、その使い勝手と効果を検証するもの。

[関連写真]

埼玉県とホンダが共同で進めている「次世代パーソナルモビリティ社会実験」のひとつで、『フィット』をベースにしたEVと『インスパイア』をベースにしたPHVの合計2台が、実証実験のために提供された。

実証実験のための駐車場2台分のスペースは熊谷市が提供。JR篭原駅北口から約50メートルの地点にある。駐車スペースは屋根付きで、その上にホンダソルテックから提供された太陽光発電システムが搭載され、18枚の太陽光パネルで最大出力2.34kWの発電を行う。

この太陽光発電で得た電力を駐車車両に送り、発電段階からCO2の削減を目指す。自家用のEVやPHVは自宅での充電が基本だが、夜間に商用電源を使うより、実用化されればCO2の削減効果は大きい。

内陸部に位置する熊谷市は、全国の最高気温を記録する快晴日数日本一の場所であるため、太陽光発電に適している。また、篭原駅は高崎線の始発駅となっていることから、パーク&ライドの利用者が多い。実証実験で得たデータを実用に生かす環境が整っていることも、この場所が選ばれた理由のひとつだ。

熊谷市に近い寄居町には13年にホンダの最新鋭の次世代工場が操業を開始する予定で、地元の期待も高まっている。実験を運営する「熊谷地域次世代自動車・新エネルギー普及促進協議会」(事務局=埼玉県)には、地元の運送会社など企業6社と熊谷商工会議所なども加わった。

28日の太陽光発電駐車場の開所式には熊谷市の富岡清市長や寄居町の島田誠町長が出席。「ホンダさんという次世代自動車産業のトップランナーと地元企業が連携し、環境共生都市熊谷、次世代産業のまち熊谷を全国に発信できる大きなチャンス」と富岡市長は期待を込めた。

提供されたEVとPHVには、4月からホンダのテストドライバーが乗り込み、2か月ほど試運転し、その後6月から埼玉県職員がパーク&ライドの実証実験を行う。実験期間は14年3月まで続く。県職員の実証実験の後に、住民ら一般からの参加も呼びかけていく予定。

《レスポンス 中島みなみ》


【関連記事】
[パイクスピークEV]モンスター田嶋氏、参戦車両概要を公表…ツインモーター採用
EV急速充電設備だけの電力需給契約が可能に…電力10社
ポルシェのPHVスーパーカー、918スパイダー…テストカー公開
【プリウスPHV+SonicPLUS】EV/PHV時代の最新カーオーディオ対談
ホンダ山本常務、新水素ステーションは家庭用にも


引用:太陽光発電で、EV・PHVのパーク&ライド実験...埼玉県とホンダ



posted by bob at 16:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月29日

ちびまる子ちゃん×桑田佳祐、新エンディング初公開


4月からフジテレビ系アニメ「ちびまる子ちゃん」のエンディングテーマを担当する桑田佳祐が、同エンディングにもアニメーションキャラクターとして登場する。

「sas-fan.net」をジャック中のちびまる子ちゃん

アニメキャラの桑田佳祐は、赤いTシャツ姿にエレキギターを肩にかけるという出で立ち。エンディングの世界の中では、ギターを弾きつつ歌をくちずさみながら、まる子をはじめとする登場キャラクターたちを見守っているような役割を果たしている。この新エンディングは、本日早朝の「めざましテレビ」でエンディングアニメーションの一部が初公開されたが、4月1日(日)放送の「ちびまる子ちゃん」より毎週オンエアされる。

また、本日より、ちびまる子ちゃんが、サザンオールスターズ公式ホームページ「sas-fan.net」をジャック。「sas-fan.net」にアクセスすると、ちびまる子ちゃんと桑田キャラの掛け合いが展開されている。その中で、新エンディングテーマ曲の『100万年の幸せ!!』が、3月31日(土)のJFN系ラジオ番組「桑田佳祐のやさしい夜遊び」で初オンエアされること、さらには4月2日(月)に桑田佳祐に関する何らかの新たな発表が行われることが匂わされている。掛け合いの最後には「4月2日(月)早朝、乞うご期待!!」という意味深なメッセージが画面に映し出される。

これから一気に桑田佳祐周辺が賑やかになってきそうだ。


【関連記事】
サザンオールスターズ公式HP[PCのみ]
桑田佳祐の新曲が「ちびまる子ちゃん」の新エンディングテーマに決定
2PM、日本武道館6Daysに申込殺到! 早くも追加公演決定
「私たちの集大成」。宝塚月組トップコンビ、霧矢大夢&蒼乃夕妃のサヨナラ公演開幕
野外パンクイベント「PUNKAFOOLIC! BAYSIDE CRASH」、第1弾出演者発表


引用:ちびまる子ちゃん×桑田佳祐、新エンディング初公開



posted by bob at 02:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
​ ​
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。